読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Oの王室

おーのおうしつ

タイランドでの生活。 のんびりマイペースに更新します。

クリスマスプレゼントはバンコク旅行(後半)

昨年末に行ったバンコク旅行の様子、後半をおとどけします。

 

サファリワールドを十分満喫した私たち。まだまだ時間はありましたが、ホテルに戻って休むことにしました。

f:id:o-no-oshitsu:20131228175424j:plain

f:id:o-no-oshitsu:20131228175315j:plain

 

夕ご飯はホテル内のイタリアンレストランで。

f:id:o-no-oshitsu:20131228175651j:plain

f:id:o-no-oshitsu:20131228182131j:plain

f:id:o-no-oshitsu:20131228182138j:plain

トマトと水牛モツァレラのカプレーゼが特に美味しかったです。また食べたい~!

 

夕食後に「行きたい所がある」と夫さん。

チャオプラヤー川をボートで渡り、夜のバンコクをテクテク。

しばらく歩いて到着した場所は、なんと...

 

f:id:o-no-oshitsu:20131228203339j:plain

f:id:o-no-oshitsu:20131228203445j:plain

 映画「ハングオーバー2」で有名な、スカイバー!

今や、バンコクといえばココ!という場所にもなっているのでは?私も一度は来てみたかった場所です。

f:id:o-no-oshitsu:20131228200103j:plain

土曜の夜ということもあってか、展望バーはドレスアップした西洋人がぎゅうぎゅう詰めです。

f:id:o-no-oshitsu:20131228195937j:plain

食事も美味しいそうです。特別な日にこういう場所をセッティングするのも、素敵ですね。

f:id:o-no-oshitsu:20131228200703j:plain

私たちは展望バーでカクテルを飲みながら、バンコクの夜景を楽しみました。

ドレスアップした西洋人に囲まれているせいか、昼間のバンコクとはまた違った雰囲気にほろ酔い。

次は私もドレスアップして行きたい!(この日はサプライズだったので普段着だったのです...。)リベンジを誓った夜でもありました。

 

 

翌朝は、少し早起きして朝食へ。

f:id:o-no-oshitsu:20131229075428j:plain

f:id:o-no-oshitsu:20131229075643j:plain

f:id:o-no-oshitsu:20131229075933j:plain

チャオプラヤー川をのぞむテラス席がおすすめです。

f:id:o-no-oshitsu:20131229082910j:plain

今回宿泊したアナンタラホテル、朝食がめちゃくちゃ豪華でした!パンだけでもこのボリューム。随時、焼き立てのパンが追加されます。

f:id:o-no-oshitsu:20131229082700j:plain

パンが豊富なら、ジャムも豊富。

f:id:o-no-oshitsu:20131229080659j:plain

f:id:o-no-oshitsu:20131229082614j:plain

f:id:o-no-oshitsu:20131229082552j:plain

f:id:o-no-oshitsu:20131229083341j:plain

f:id:o-no-oshitsu:20131229083347j:plain

トマト好きにはたまらない、トマトのグリル。

f:id:o-no-oshitsu:20131229080037j:plain

ハムもこんな感じです。

ホテルの朝食って、幸せな気持ちになります!

 

ゆっくり朝食を堪能した後は、ホテル内を散策。

 f:id:o-no-oshitsu:20131229102839j:plain

f:id:o-no-oshitsu:20131229092241j:plain

f:id:o-no-oshitsu:20131229092044j:plain

バンコクという大都会にありながら、とてもゆっくりすることができたアナンタラ。

大大大満足です!

 

そんなアナンタラを早々に後にし、この日はバンコクでのショッピングを楽しみました。

 

帰りはもちろん飛行機でしたよ☆

 

2013年を締めくくるにふさわしい、最高のバンコク旅行でした。

色々とサプライズを考えてくれた夫に感謝です。そして、夫をサポートしてくださったタイ在住歴7年目のYさんにも感謝です。(Yさんの「バンコク行っちゃいなよ!」という一声で、今回の計画が始動したことは後々知りました。)

 

 

実は「ハングオーバー」を見たことが無かったので、帰ってから見たことはここだけの秘密です☆